Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
戯曲

「賢者ナータン」レッシング(あらすじ)三つの指輪と作者の思想とは!?

『賢者ナータン』の作者レッシングは、18世紀のドイツ啓蒙主義を代表する思想家で、戯曲の他にも、数々の学術的論文を発表しています。同時代の牧師たちを相手に、積極的に神学論争を仕掛けて、当局に目を付けられ論文執筆を禁止されたことは有名です。ドイツの思想家、レッシングによる戯曲『賢者ナータン』についてご紹介したいと思います。
小説

悪徳の栄えマルキ・ド・サド(あらすじ)簡単に!迫害される美徳の物語!?

マルキ・ド・サドは、18世紀の思想家です。 由緒正しい貴族の家の生まれで、青年期には、軍人として仕事も立派にこなしていましたが、プライベートでたびたび起こしていた事件で、死ぬまで、監獄と精神病院を行ったり来たりしていた悲劇の人物でもあります。マルキ・ド・サドの小説『悪徳の栄え』についてご紹介したいと思います。
小説

ユゴー「レ・ミゼラブル」登場人物は?小説の長い(あらすじ)を簡単に!!

この長い小説は1862年、ユゴーが60歳の時の作品です。タイトルの「レ・ミゼラブル」とは「みじめな人々」を意味するフランス語です。社会の悪を告発し、人間の、善に向かう歩みを信じるユゴーの思想の集大成とも言える、晩年の傑作です。ヴィクトル・ユゴーの小説『レ・ミゼラブル』について、あらすじと見どころをご紹介します。
戯曲

ボーマルシェ「フィガロの結婚」あらすじ・見どころを簡潔に感想も!!

フランスの劇作家ボーマルシェが1784年に発表した戯曲「フィガロの結婚」 “身分は高いけれども無能な特権階級”と“身分は低いが優秀で心がきれいな若者”との対立を鮮やかに描き、その風刺的な要素が、当時の民衆の心をつかみました。 ...
小説

ゲーテ「若きウェルテルの悩み」難しいの?面白いの?あらすじを簡単に!!

「 若きウェルテルの悩み」は、1774年ゲーテが25歳の時の作品です。小説は二部構成で、主人公ウェルテルの書簡と自筆のメモ、そして彼をよく知る友人達からの報告を集めて提供するという体裁をとっています。この作品を面白いとの見方をする一方で、難しいと感じる方もいます。「若きウェルテルの悩み」のあらすじを簡単にご紹介します。
小説

「昼顔」ジョゼフ・ケッセル(あらすじ)昼顔と夜顔を使いわけた悲劇!!

フランスのジョゼフ・ケッセルが、1929年に発表した小説「昼顔」この小説は、昼は娼婦、夜は貞淑な妻という二重生活に苦しむ、ある女性の物語です。 この作品は、その赤裸々な内容のために、1929年発表と同時に大変な物議をかもしました。1967年には、カトリーヌ・ドヌーブ主演で映画化されています。小説『昼顔』をご紹介します。
小説

「悲しみよこんにちは」フランソワーズ・サガン!ヒロインの感情描写がリアル!

フランスの女流作家フランソワーズ・サガンの小説「悲しみよこんにちは」青年期の女の子の感情描写はリアルで、まるで女の子の気持ちの謎解きを見るように楽しめる小説です。 冒頭の「ものうさと甘さが…」の書き出しは有名であり名言です。フランソワーズ・サガンの小説『悲しみよこんにちは』について、あらすじと見どころをご紹介します。
小説

「恐るべき子供たち」ジャン・コクトー(あらすじ)思春期の純粋さが招く悲劇!?

フランスの詩人、劇作家ジャン・コクトーの小説「恐るべき子供たち」姉弟の近親相姦的な愛と、思春期の少年少女の愛情や憎悪、残酷な行動のもたらす悲劇を幻想的に描く作品です。 この姉弟による歪んだ関係は舞台化され、2019年5月に上演されています。ジャン・コクトーの小説『恐るべき子供たち』のあらすじと見どころをご紹介します。
戯曲

「ヴァージニア・ウルフなんかこわくない?」(あらすじ)夫婦の結末は!?

この作品は、互いを傷つけ合うことでしか愛を確認することができない、ある夫婦の物語です。 日本では2019年4月に、大竹しのぶさん、稲垣吾郎さんら出演で舞台が上演されることが決定しています。 今回は、エドワード・オールビーの戯曲『ヴァージニア・ウルフなんかこわくない?』について、あらすじと見どころをご紹介したい思います。
小説

「車輪の下」ヘルマン・ヘッセ(あらすじ)舞台はマウルブロン修道院!!

『車輪の下』は、20世紀ドイツのノーベル賞作家、ヘルマン・ヘッセ による自伝的小説です。本書の舞台となる「マウルブロン修道院」は世界文化遺産に登録されたドイツの中世の修道院。 エリート高校生の苦悩と挫折をリアルに描いた青春小説として、当時の若者から絶大な支持を受けました。 『車輪の下』について、ご紹介したい思います。
タイトルとURLをコピーしました