Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
小説

サルトル「嘔吐」~あらすじ~思想体験の世界に引き込まれる仕掛け!?

作者ジャン・ポール・サルトルは、フランスの哲学者ですが、その文筆活動は、小説、戯曲、文芸評論、さらに政治活動まで多岐にわたります。1964年ノーベル文学賞が与えられる事が決定したのですが辞退しています。なぜでしょう。ジャン・ポール・サルトルの小説『嘔吐』について、あらすじと見どころをわかりやすくご紹介したいと思います。
小説

「愛の妖精」ジョルジュ・サンド(あらすじ)サンド自身の幼少期がモデル!?

フランスの女流作家ジョルジュ・サンドの小説「愛の妖精」 子供時代はフランス中部の田舎で生活し、その経験がのちに「魔の沼」「愛の妖精」などの田園小説の題材となっています。ジョルジュ・サンド(George Sand)の小説『愛の妖精』(la petite Fadette)について、あらすじと見どころについて、ご紹介します。
小説

ドリアン・グレイの肖像(オスカー・ワイルド)後味の悪いあらすじと結末とは?

アイルランド出身の作家オスカー・ワイルドによる小説「ドリアン・グレイの肖像」唯一の長編小説で三度映画化されています。 オスカー・ワイルド(Oscar Wilde)の、1891年に発表された小説「ドリアン・グレイの肖像」(The Picture of Dorian Gray)についてご紹介したいと思います。
小説

「最後の一葉」オー・ヘンリー(あらすじ)学校の教科書で読んだ事ある!?

「最後の一葉」は、オー・ヘンリーの短編小説です。 日本でも小中学校の教科書にも採用されるなど、知名度が高い作品です。昔、教科書で読んだ方は多いと思います。 アメリカの小説家オー・ヘンリー( O.Henry )の短編「最後の一葉」(The Last Leaf)についてご紹介したいと思います。
小説

「青い麦」コレット(あらすじ)思春期の夏休みが激しい恋模様へと変化する!?

フランスの女性作家シドニー=ガブリエル・コレットによる1922年の小説「青い麦」1954年にクロード・オータン=ララ監督によって映画化され、同年「フランスシネマ大賞」を受賞。ガブリエル・コレットの青春小説『青い麦』( Le Blé en Herbe )についてご紹介したいと思います。
戯曲

シェイクスピア「マクベス」~あらすじ~3人の魔女が予言する未来とは!?

『マクベス』はシェイクスピアの四大悲劇の一つに数えられます。この内容は、3人の魔女の予言に翻弄された主人公が、追いつめられ、精神を崩壊させて行くさまがリアルに描かれています。『マクベス』の主人公だけは、世俗的な欲に忠実な、小心な人物として描かれています。シェイクスピアの『マクベス』の、あらすじと見どころをご紹介します。
小説

「変身」カフカ(あらすじ)主人公は本当に毒虫に変身?斬新な出だし~

1912年に執筆された、フランツ・カフカの中編小説「変身」。 主人公がある日目覚めると、いきなり毒虫に変身していたという斬新な出だしで物語は始まります。プラハ生まれのユダヤ人作家である、フランツ・カフカ( Franz Kafka )の中編小説『変身』について、あらすじと見どころをご紹介したいと思います。
小説

「招かれた女」ボーヴォワール(あらすじ)サルトルとの関係を彷彿させる作品!

ボーヴォワールは、フランスの作家・哲学者です。 1908年にパリで生まれ、ソルボンヌの大学でサルトルに師事。そこで哲学を学び、教職に就きます。サルトルとは、自由意志に従う個人の選択を最も重視し、お互いの性的自由を認め生涯のパートナーとして生きたのです。ボーヴォワールの小説『招かれた女』の、あらすじや見どころついてご紹介します。
小説

「異邦人」カミュ(あらすじ)青年が殺人を犯したのは「太陽のせい」!?

カミュは1913年生まれのフランスの作家です。「異邦人」は1942年に刊行された、人間社会の不条理について書かれた小説です。 カミュがノーベル文学賞を受賞したのは、43歳の若さであり、この作品の影響が大きいと言われています。 アルベール・カミュの小説『異邦人』について、あらすじと見どころをご紹介したいと思います
小説

「夜間飛行」サン=テグジュペリ(あらすじ)人間の土地や星の王子様も!?

フランスのパイロット、小説家サン=テグジュペリの1931年に出版された「夜間飛行」飛行機乗りの経験が写実的であり、自身の体験が大きく影響した作品となっています。当時郵便飛行事業は、画期的なアイディアとして注目され、そんな一側面を切り取った作品が『夜間飛行』です。 サン=テグジュペリの『夜間飛行』についてご紹介します。
タイトルとURLをコピーしました