Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

戯曲

戯曲

イプセン「人形の家」~あらすじ~ノラは新しい女性像の典型を示した!?

1879年にヘンリック・イプセンによって書かれた戯曲「人形の家」 主人公ノラが家族を残し家を出た理由は何だったのか。結婚とは、愛とは何か、人間の本当の幸せとは何かという普遍的な問題について描かれています。 ノルウェー生まれの劇作家イプセンによる戯曲『人形の家』について、あらすじと見どころをご紹介したいと思います。
戯曲

「人間ぎらい」モリエール(あらすじ)主人公の正義とは何だろう?

フランスのモリエールが1666年に発表した戯曲『人間ぎらい』 偽善を憎み、正直・率直を信条とする主人公が、周囲の“空気を読め”、“周りに合わせろ”といった圧力にじわじわと追いつめられ... モリエール( Molière 】の戯曲『人間ぎらい』(副題:怒りっぽい恋人)について、あらすじと見どころをご紹介したいと思います。
戯曲

シェイクスピア「マクベス」~あらすじ~3人の魔女が予言する未来とは!?

『マクベス』はシェイクスピアの四大悲劇の一つに数えられます。この内容は、3人の魔女の予言に翻弄された主人公が、追いつめられ、精神を崩壊させて行くさまがリアルに描かれています。『マクベス』の主人公だけは、世俗的な欲に忠実な、小心な人物として描かれています。シェイクスピアの『マクベス』の、あらすじと見どころをご紹介します。
戯曲

「賢者ナータン」レッシング(あらすじ)三つの指輪と作者の思想とは!?

『賢者ナータン』の作者レッシングは、18世紀のドイツ啓蒙主義を代表する思想家で、戯曲の他にも、数々の学術的論文を発表しています。同時代の牧師たちを相手に、積極的に神学論争を仕掛けて、当局に目を付けられ論文執筆を禁止されたことは有名です。ドイツの思想家、レッシングによる戯曲『賢者ナータン』についてご紹介したいと思います。
戯曲

ボーマルシェ「フィガロの結婚」あらすじ・見どころを簡潔に感想も!!

フランスの劇作家ボーマルシェが1784年に発表した戯曲「フィガロの結婚」 “身分は高いけれども無能な特権階級”と“身分は低いが優秀で心がきれいな若者”との対立を鮮やかに描き、その風刺的な要素が、当時の民衆の心をつかみました。 ...
戯曲

「ヴァージニア・ウルフなんかこわくない?」(あらすじ)夫婦の結末は!?

この作品は、互いを傷つけ合うことでしか愛を確認することができない、ある夫婦の物語です。 日本では2019年4月に、大竹しのぶさん、稲垣吾郎さんら出演で舞台が上演されることが決定しています。 今回は、エドワード・オールビーの戯曲『ヴァージニア・ウルフなんかこわくない?』について、あらすじと見どころをご紹介したい思います。
タイトルとURLをコピーしました