Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

「ライ麦畑でつかまえて」サリンジャー(あらすじ)本当に怖いの!?

今回は、多くの人に読まれるサリンジャーの小説『ライ麦畑でつかまえて』について、あらすじと見どころをご紹介したいと思います。

1951年に出版された本ですが、今も世界各地にファンの多い小説です。
読めば読むほど怖い小説だなと思います。だからこそ引き込まれるのかもしれません。

今もなお、世界中で読み継がれているサリンジャーの青春小説をご紹介したいと思います。

「ライ麦畑でつかまえて」について

日本語のタイトルは、訳者によって『ライ麦畑の捕手』とか、単に『キャッチャー・イン・ザ・ライ』とされることもありますが、個人的には、『ライ麦畑でつかまえて』がいちばんすてきな邦題だと思っています。では、さっそく見て行きましょう。

 

「ライ麦畑でつかまえて」サリンジャー  あらすじ

16歳のホールデン・コールフィールドは、成績不振のため、名門私立を放校処分になることが決まり、寮を出てニューヨークの自宅に戻ることになります。

ところが、両親にあわせる顔がないホールデンは、家に帰ることなく、そのまま、ニューヨークの街を三日二晩さまよいます。

ホールデンは、高校に在籍していた当時、学校教育にはびこる弱肉強食、欺瞞、虚偽、虚飾といった、 “インチキで汚い世界”を嫌い、教師たちにさかんに反発していました。

そのせいで、“不適応者”として学校を追われる羽目になったのですが、癒しを求めて繰り出したニューヨークの街でも、やはり、ホールデンが求めるような、真実の心のふれあいは得られません。

 

近づいてくるのは、お金だけが目当ての売春婦、ポン引き、信用できない教師、底の浅い友達といった人物ばかりで、ホールデンはますます孤独感を募らせます。

けれども、愛情を感じられるものも見つけました。それは、「修道女」と「子供」、そして、「凍りついた池のアヒル」です。

純粋なもの、無垢なものとだけ関わって生きていたい思いを強くしたホールデンが、最終的に思いついたのは、“いっさいの言葉を放棄すること”でした。

人里離れた場所で、誰とも口をきかないで暮らせたら、今感じている生きづらさから解放されるはずだと確信します。

そうして改めて家出を決意した矢先、幼い妹フィービーの愛情にふれて、思いとどまり、家に戻ります。

 

「ライ麦畑でつかまえて」サリンジャー  見どころ&感想

話の筋だけ追うと、家出少年が三日目に家に帰るというだけの、起伏の少ない平坦なストーリーです。

これは、サリンジャー作品全般にいえる特徴でもあります。ストーリーは平坦ですが、主人公ホールデンの人物造形が大変魅力的です。

大人ならだれでも覚えがある、子供から大人へと成長する途中の、不安定な時期の、不安な心の動き、葛藤、自己矛盾、そういったものを、ホールデンは、もっともするどい形で私たちに見せてくれます。

 

たとえば、年をごまかしてお酒を飲んだり、煙草を吸ったりして大人ぶるかと思えば、雑誌を買いに来たところを知り合いに見つかると「オペラを見に来たんだ」と見栄をはってしまう幼さもあります。

人前で、弁護士の父親がいるというエリート意識が抜けきらないのも、子供らしい弱さであると言えます。

嘘を憎み、まっさらなもの、純粋無垢なものを愛する一方で、こうした虚栄心に縛られる人間くささも持ち合わせているところが、ホールデンの一番の魅力なのです。

 

ちなみに、タイトルの元になったのは、スコットランドの民謡の「ライ麦畑で会うならば」です。ライ麦畑で遊びに夢中になった子供が崖から落ちそうになったときに、それを捕まえる役( キャッチャー Catcher )になりたい、とホールデンは語ります。

このタイトルは、子供の無垢な世界に憧れる、ホールデンの夢そのものを表しているのです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

サリンジャーの小説『ライ麦畑でつかまえて』のあらすじと見どころについて、ご紹介してきました。

同じ作者の『フラニーとゾーイー』という作品もおすすめです。

やはり、人間のエゴに嫌気がさし、心を閉ざしてしまう人物が主人公なのですが、ホールデンとは異なり、彼女には、はっきりと理解を示し救いの手を差し伸べてくれる人がいます。

いっしょに読むと、さらにいろいろ感じられて、おもしろいのではないかと思います。

ご関心に応じてぜひどうぞ。

タイトルとURLをコピーしました