Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
戯曲

イプセン「人形の家」~あらすじ~ノラは新しい女性像の典型を示した!?

1879年にヘンリック・イプセンによって書かれた戯曲「人形の家」 主人公ノラが家族を残し家を出た理由は何だったのか。結婚とは、愛とは何か、人間の本当の幸せとは何かという普遍的な問題について描かれています。 ノルウェー生まれの劇作家イプセンによる戯曲『人形の家』について、あらすじと見どころをご紹介したいと思います。
戯曲

「人間ぎらい」モリエール(あらすじ)主人公の正義とは何だろう?

フランスのモリエールが1666年に発表した戯曲『人間ぎらい』 偽善を憎み、正直・率直を信条とする主人公が、周囲の“空気を読め”、“周りに合わせろ”といった圧力にじわじわと追いつめられ... モリエール( Molière 】の戯曲『人間ぎらい』(副題:怒りっぽい恋人)について、あらすじと見どころをご紹介したいと思います。
小説

サマセット・モーム「月と6ペンス」あらすじ~ストリックランドって何者!?

1919年に出版されたサマセット・モームの小説「月と6ペンス」 この作品で注目され人気作家となったサマセット・モームは同性愛者としても知られています。サマセット・モーム(Somerset Maugham)の小説『月と6ペンス』(The Moon and Sixpence)について、あらすじとみどころをご紹介します。
小説

「結婚式のメンバー」カーソン・マッカラーズ(あらすじ)主人公を支配する狂気の影

アメリカの作家カーソン・マッカラーズ1946年の作品「結婚式のメンバー」同じように、思春期の心の揺れ動きを繊細に描いたサリンジャーの「ライ麦畑でつかまえて」も有名な小説で、あわせて読むと面白いかもしれませんね。カーソン・マッカラーズの中編小説「結婚式のメンバー」 について、あらすじとみどころをご紹介したいと思います。
小説

サン=ピエール「ポールとヴィルジニー」~あらすじ~思春期の純愛と残酷

フランスの作家サン=ピエールが1788年に発表した小説「ポールとヴィルジニー」孤島を舞台に自然と純愛を描いた小説として知られています。日本でも多数の翻訳があり読まれています。サン=ピエール(Saint - Pierre)の小説『ポールとヴィルジニー』 (について、あらすじとみどころをご紹介したいと思います。
小説

小説「ティファニーで朝食を」~あらすじ~小説と映画の違いはラストの描写!

1958年トルーマン・カポーティによる中編小説『ティファニーで朝食を』ニューヨークを舞台に自由奔放に生きる女性を描いた作品です。『ティファニーで朝食を』といえば、オードリー・ヘップバーン主演の映画が有名ですが、映画と原作では結末がまったく異なっています。『ティファニーで朝食を』について、あらすじとみどころをご紹介します。
小説

チャールズ・ディケンズ「デイヴィッド・コパーフィールド」~あらすじ~

1850年チャールズ・ディケンズの長編小説『デイヴィッド・コパーフィールド』この作品は自身の半生を描いた物語です。チャールズ・ディケンズは『クリスマス・キャロル』の作者としても有名ですが、彼がもっとも気に入っている作品として挙げているのが『デイヴィッド・コパーフィールド』です。あらすじ、見どころをご紹介したいと思います。
小説

ジェイン・オースティン「高慢と偏見」~あらすじ~対照的な姉妹の恋模様

1813年イギリスの女流作家、ジェイン・オースティンによる長編小説「高慢と偏見」イギリスの片田舎を舞台に、18世紀末から19世紀初頭の女性の結婚事情、誤解や偏見から起こる恋のすれ違いを描いた恋愛小説です。イギリスの女流作家、ジェイン・オースティンの「高慢と偏見」について、あらすじと見どころをご紹介したいと思います。
小説

ヴァージニア・ウルフ「ダロウェイ夫人」~あらすじ~ダロウェイの1日を描く!?

1925年に出版されたヴァージニア・ウルフの長編小説「ダロウェイ夫人」ダロウェイという女性の1日を「意識の流れ」の手法で描いたモダニズム文学の代表作です。1997年に映画化され、ヴァネッサ・レッドグレイヴがダロウェイ夫人を演じています。ヴァージニア・ウルフの『ダロウェイ夫人』について、あらすじと見どころをご紹介します。
小説

キャサリン・マンスフィールド「園遊会」~あらすじ~人間心理を追求する代表作!

キャサリン・マンスフィールドは、19世紀、ニュージーランド生まれの女流作家で、若くして病気で亡くなるまでに多くの短編を残しました。「園遊会」の他「人形の家」など人間心理を追求する繊細な作品が残されています。キャサリン・マンスフィールドの短編「園遊会」について、あらすじと見どころをご紹介したいと思います。
タイトルとURLをコピーしました